MENU

目の下にクマができる原因

目の下にクマができていて、なかなか治らずに悩んでいる人は多いでしょう。目の下にクマができる原因は、睡眠不足だけではありません。それぞれの原因に合わせて、正しい対処方法を考えていきたいですね。

 

睡眠不足が原因でクマができてしまっている人は、目元の血行不良を起こしている状態です。まずはしっかりと眠るように心掛け、目元をマッサージするなどして、血行を改善していきましょう。長時間スマホやパソコンを見続けて目が疲れてしまったときにも、マッサージをすることで眼精疲労を防ぐことができます。目の疲れがクマを作ることもあるので、今一度日頃の生活を見直して、目に優しい生活を送れるようにしたいですね。

 

加齢によって皮膚が痩せてきてしまった場合にも、目の下に黒くクマのようなものができてしまうことがあります。皮膚痩せが原因のクマは、生活を改善してもなかなか消えません。目元の皮膚にハリや弾力を取り戻すことが、目元を明るくする近道です。年を取ると体内で作られるコラーゲンの量が減少してしまいますが、化粧品やケア用品をうまく活用して、目元の若々しさを取り戻しましょう。目の下のクマ専用のアイクリームなども販売されているので、チェックしてみましょう。